心の爭いに勝ち續ける勝利者にならなければならない

私の分身が甘露になって降りるから, その甘露が人間の毛孔に入り人間はすべて神になるのです. 私が驛谷の勝利祭壇に立てば驛谷の祭壇にだけ甘露が降りるのではないのです.現在, 全國の祭壇, 日本, 英國, 米國の祭壇がある所には全て私の分身が共にするからそこにも甘露が降りるのです.

祭壇がある所では何處でも甘露が降りているのです

人の中に流れている血の年は六千歲です. 魔鬼の靈が六千歲も年を取っているという意味です. 六千歲になっている魔鬼が, 人びとを巧妙に技術的に困惑させ續けた果てに人びとを死に至らしめるのです.事實, 世の中に魔鬼より頭がいい者はいないのです. その魔鬼の知能をしのぐ存在が救い主です.

救い主が魔鬼を殺すことが出來るのは, 魔鬼の知能をしのぐ高い段階に昇っているからであり, そうでなければ魔鬼を殺す事が出來ないのです. 全宇宙を治める魔鬼の大將を殺して無くしたので勝利者になったのであり, 魔鬼の大將が座っていた權座に今は私の本體が座っているのです.

私は台風も韓國に上陸させないようにし, 共産主義もなくし, その上, 每年降る梅雨も防ぎ, 每年豊年にさせ, また, 北朝鮮と韓國の間に戰爭が起こらないようにしたのです. そのように風雲造化を初め, 事物を自由自在にするのは私が能力を持っているからであり, 能力を持っていなかったなら絶對に出來ない事です. 私がそのような能力を持っていなかったら僞救い主です.

もし, 私が僞救い主なら甘露を降ろす事が出來ないのです. 甘露が降りるということは眞の救い主である事を證明する事だけではなく, 全知全能者のあかしなのです. 全知全能者でなければ露は降りないのです. 甘露は勝利者の分身です. 勝利者の靈の分身です.

私の分身が甘露になって降りるから, その甘露が人間の毛孔に入り人間はすべて神になるのです. 私が驛谷の勝利祭壇に立てば驛谷の祭壇にだけ甘露が降りるのではないのです.現在, 全國の祭壇, 日本, 英國, 米國の祭壇がある所には全て私の分身が共にするからそこにも甘露が降りるのです.

この道(どう)は神の心で步む道です

この道は心で步む道であるといいました. 心が神の立場で動いてこそ, それが卽ち神に向かって道を步んでいることであり, 魔鬼の立場, 卽ち, 私という意識の立場で考える事は全て魔鬼の心です.

だから, 私という者が笑えばそれは魔鬼の笑いです.本當に道の修鍊を行なう人はその心の位置が神にあるのか, 魔鬼にあるのかという事を分別出來てこそ道の修鍊を始める事になるのです.

その境地を發見出來ない人は道の修鍊の始まりにも入っていないことです. だから, 私がこの世の中には宗敎がなかったというのです.宗敎というのは卽ち神の中に宗敎があり, 永遠の命の中に宗敎があることであり, 死の中には宗敎がないのです.「私という意識」 が考える宗敎は宗敎ではないのです.また, 「私という意識」 が考える學問も學問ではないのです.

神の立場で知って考えるのが宗敎であり, 死ぬ業, 人が死ぬ宗敎團體は宗敎ではないのです. 死ぬのは確かに魔鬼の業です. 魔鬼は死の神なので, 死の神によって死ぬことは眞理の宗敎團體にはなれず, 神の永遠の命, 永生の團體になる事が出來ないのです.だから, 死ぬのは宗敎とは言えず, 死なずに永遠に生きる業が宗敎の業なのです. 宗敎なら罪が何であるか知るべきであり, 又, 義が何であるかを知るべきです.

義が何であり, 罪が何かであるかを知ってこそそれが宗敎です. 佛敎のお坊さん達が木魚を叩く事も, 自分自身が道の修鍊をして, 佛樣におじぎをするのも自分自身がおじぎをすることなのです. 自分自身がすることを知って行なうのは, まさに魔鬼の仕業です.

自分自身が魔鬼だから, 自分自身がさせるとおり行なうのではなく, いつも神樣が私という魔鬼を引っぱって通いながら神樣が主宰をなさってこそ, それが道の修鍊をして磨く事になるのです. これを知っている人がいないのです. だから牧師やお坊さん達が道の境地に至ることが出來ないのです. 道の境地に至っていない事は眞の宗敎とは言えないのです ‘私という主體意識'が 「善惡を知る木の實」 であるという事實を皆さんに救い主が宣布しているのです. 

木のように心が動かない狀態でも成し遂げられた段階ではない

この世でただ一人, 私が ‘私という主體意識'をなくしてしまう方法を皆さんに敎えているのです. その方法は「反對生活」 をする事です. 反對生活というのは 「私」 という者が仕事を嫌えば仕事を熱心にし, 「私」 という者が誰かを憎めば, その憎らしい人を心から好きになり, 眞心から愛するように心を變えて反對生活を續けて行なえば, その憎らしい感情が無くなるのです.

これが, 正しく第1次段階の道の境地に到達した人が感ずる心の變化です. 卽ち, 人間の心が消えるのです. それが道の修鍊をする人の基本姿勢です. そうなれば, 大變な仕事をしても大變に感じる事がなく, いくら苦しくても, 苦しく感じる事もなく, ひざまづいて座っても膝が痛むことさえ感じないのです. 何らの感じが來ないのです. まったく木のようになってしまうのです. 

そのようになったとしてもそれが成し遂げられたのではない. まったく木のようになった事で成し遂げられたと思えばそれは錯覺です.  それは變化の手始め, 卽ち, 魔鬼の牢屋に閉じこめられていた神樣の靈が, 魔鬼を殺してしまって, 靈的な墓から解放されて出て, 私という主體意識の席に座れば聖靈に生まれ變わった事になり, 復活したことになるのです.

神樣の心を抱いてこそ神樣になることであり, 神樣の中で行なってこそ神樣になるから, 卽ち, 聖靈になってこそ始めて救いを得る事になるのです. 「生命の木の實」 を食べてこそ救いを得るという話も正しく, 信仰によって救いを得るという話も正しいが, ここでいう信仰とは痛い狀況ても痛い事を感じず, 大變な事でも大變と感じない事, 卽ち, 心が動かない事なのです.

良いことを見ても好きにはなれず, 惡いことを見ても惡く感じないのです. 他人がどのような仕業をしても關心がなくなるのです. そのため 「お節介をする淫亂罪」 を犯すことがなかったのです. 兄弟が何かをすることに干涉するようになれば, それがお節介をする淫亂罪にあたるのです. そして, 人間の習性として過去をしきりに思う癖があるのに, 私は過去を思い出すことも出來ない境地に至ったのです. 

それが, 3ケ月で出來上がりました. その位, 私は執着力が强いうえ, 一度しようと思えば, 夜も寢ずにやりこなしてしまう性格の持ち主だから, 過去を思い出そうとしても思い出すことが出來ない境地に3ケ月で仕上がったのです. それで, 私がその時, 成し遂げられたと思ったが, そうではなかったのです. 矢張り, まだまだ仕上がりには遠かったし, また, 次の始まりに過ぎなかったという事を悟るようになりました.

その次には, 神樣が 「家族を考える事が關心の淫亂罪だ」 と話されるので, 理解出來ない事だったが, 神樣のおっしゃる事なので從順しました. そして, 少し經った頃, 私は家族を思いたくても思い出す事が出來ない境地に至ったのです.

誰をも私の身のように, 誰をも私の神樣のように

その次, 私は怒りたくても怒りが出ない境地に至りました. 自尊心が出ると, 自尊心の淫亂罪にかかるのです. 私は自尊心の淫亂罪にも勝ったが, その方法は, 自分の目に見える人達全てを自分の上司や神樣として考えたのです.

幼い子供だけでなく, 誰でも神樣であると思うようになると, まさしく自尊心の魔鬼が死んでしまったことです.理由もなく私をいじめたりしても何らの考えも出ない時, 勝利者になった事なのです. その時がまさしく 「自分に勝った」 ことになるのです. これが道の修鍊を磨く事なのです. 自分に勝ち續けて, 結局, 私は勝利者になってしまったのです.*

飜譯:尹金玉 勝師
藤田多惠子 勝師 監修

救援の資格は救い主になることです

「誰をも自分の身のように思え」 という言葉は何かと言えばお前と私の區別がないということで誰も自分と同じだということです. だから,誰も自分と同じなので全人類が二つではなく一つになるのです. これは全人類に平和を與えることです.
救い主の中に私がいて私の中に救い主がおいでになるという心構え
23年間のみ業が流れて今は神樣のみ旨が成し遂げられる時になったのです. だから, 皆さんに救い主になる方法を敎えます.
皆さん, これは宇宙で初めて出た哲學であり, また, 最後になる完成の學問です.
これはどんなに多くの人でも神樣に作る事の出來る學問です.
卽ち, 神樣になる哲學, 救い主になる哲學を皆さんに敎えているのです.
救い主になる方法はとても簡單な方法であり, これは天機に屬する言葉です. 人類歷史6000年以來, これをこのように論じた人がなかった哲學です.
この哲學は天國の知惠であり, 學問です. 神樣に委ねてこそ神樣になるが, 神樣に委ねる哲學が何であるかを知ればとても簡單なことです.
卽ち, 神樣の中に私がいて私の中に救い主がおいでになれば, 神樣と私が一つになるのです.
一つ(ハナ)樣(ニム)の字を付ければ何になりますか. 神樣(ハナニム)になるのです.
このように救い主の中に皆さんがいて皆さんの中に救い主がおいでになってこそ, 救い主と皆さんが一つになり, その時, 皆さんが救い主になりながら天國に入ることが出來るのです.
救い主は完成者です.
完成者になる方法は, 私が救い主になる完成者の中に入れば完成者になるようになり, また, 私の中に完成者がおいでになれば私が完成者になるのです.
完全に神樣に委ねること
これは, 私が初めに驛谷に出て話した 「誰をも自分の身のように思え」 という神樣の律法の話なのです.
一つになれば終りであり, 全人類が一つになればさらにする事はないのです.
だから, 皆さんがこの學問を知れば神樣にならないということは無く救い主にならないということがあり得ないのです.
私が救い主の內にいて救い主が私の內においでになれば一つになるでしょう.
だから, 救い主になる方法は, 救い主とは勝利者を經て更に進んだことを經て完成者になった後, 神樣になり, その次に救い主になるのです.
それ故に, 今日, 私が密室に入ってどうすれば神樣の恩惠を受けて神樣のみ旨を成し遂げるだろうかといつも工夫しながら, 密室で硏究を繰り返した果てに神樣に完全に委ねなければならないということを發見したのです.
更に, 完全に委ねたと思っても委ねなかったことがあったので, 完全に委ねたことになる爲には私が神樣の中にいて私の中に神樣がおいでになるべきで, そうなれば皆さんはすべて救い主にならないことはないのです.
だから, 救い主になろうとして神樣の中に入る爲には罪を犯してはいけないのです. 罪を犯さず奇麗な心靈に成ってこそ神樣の中に住むことが出來るのです.
神樣が私の中に入られる爲には奇麗でなければならないので, 私に缺點がなく奇麗な心靈になってこそ, 神樣が私の中においでになるのです.
私は密室の中でこのように鬪爭して成功した人です.
魔鬼は 「私という意識」 であるので 「私という意識」 を除去する方法は, 神樣が私の中にいらっしゃることであり, 私が神樣の中にいることが魔鬼である「私という意識」を消滅させることです.
だから, 皆さんに救い主になる方法すべてを敎えたから,皆さんすべてが救い主にならなければならないのです.でも救い主にならない人がいれば, その人は呪われた人です.
呪われた人は地獄行きですか, 天國行きですか? 地獄に行くのです.

救い主を高度に思慕すること
いつも神樣の中に生きる爲には神樣を高度に思慕しなければならないのです. だから, 皆さんが救い主の內にいる爲には救い主を高度に思慕しなければならないのです. そうなると救い主が皆さんの中においでになるのです.
救い主と皆さんが一つになるので, 皆さんは救い主として完成されるのです. 救い主, 完成者になるから全知全能者になるのです. だから, 高度に思慕して自分のすべてを神樣に委ねなければならないです.
私が持っているものも神樣のものを保管していると考えなければならないのです.
自分のすべての物は救い主の物だと考えること
神樣が保管しなさいとおっしゃって私が預かり持っていることであり, 自分のものであるから持っているのではないのです. このように普通の人と考え方が違うのです.
皆さんが一円を持っていても神樣のものを私が保管していることになるのです. だから, 神樣のみ旨によって使えば罪にならないが, 自分の心どおり使えばそれが罪になるのです.
けれどもキリスト敎ではこれが罪になることを知らないです.
自分の心どおり使えば罪になることを知らないです.
だから, 聖書に 「主よ,主よという者が, みな天國にはいるのではなく, ただ, 天にいますわが神樣のみ旨を行う者だけが, 入るのである」 という話があるのです. このように皆さんがチュニムのみ旨どおり行なおうと心を碎いて努めれば自然にチュニムの中に住むようになっているのです.
すべての人を自分と同一に思って全人類に平和を與えること
靈母樣の時は從順してこそ救われると話され, その次, 私が出て誰をも自分の身のように思ってこそ救われると話しました.
「誰をも自分の身のように思え」 という言葉は何かと言えばお前と私の區別がないということで誰も自分と同じだということです. だから,誰も自分と同じなので全人類が二つではなく一つになるのです. これは全人類に平和を與えることです.
眞の平和は全人類が一つになってこそ成し遂げられることであり, 一つにならなければ眞の平和は成し遂げられないのです.
イスラエルとパレスチナが戰爭を續けながら休戰し, また, 平和會談をしている間に戰爭をするでしょう.
そのようになったのはイスラエルとパレスチナが一つにならなかったから, 平和にならないのです.
だから, イスラエルとパレスチナが平和の國になる爲には一つにならなければならないのです.
イスラエル人がパレスチナ人を自分の身のように思ってパレスチナ人がイスラエル人を自分の身のように思えば戰爭しますか?
戰爭することが出來ないですね.
だから, 皆さんがこの話を聞いて救い主を高度に思慕すれば, 救い主の內で生きるようになり, 救い主が皆さんの內で生きるようになるのです.
そうなれば救い主が私であり, 私が救い主になるのです.
救い主が23年間一人で救い主の役割をしたが, 今後, 全人類は一つになるだけではなくて救い主がたくさん出るでしょう.
皆さんが救い主を高度に思慕して救い主の內で生き, 救い主が皆さんの內で生きるなら救い主と皆さんが一つになるのです.
救い主と皆さんが一つになれば皆さんが救い主になるのです.
だから, 皆さんが完成の救い主になれば, 救い主と同じになるのです.
救い主が一人しかいないから, 魔鬼が救い主だけ無くせば終りだと思って救い主を獄中に入れたが, 救い主が多ければ獄中に入れ續けても救い主が續けて出るからその時は魔鬼が手足をすべて投げ出しますね.